SFAにより担当者に合った仕事配分ができる

経験のある営業担当者はいくつもの商談を抱えることができるでしょう。
しかし経験が少なくなると一つの商談でもうまくこなせないときがあります。
新たな商談が生じた時に営業社員に振り分けることがありますが、抱えている数が少ないからと経験の少ない社員に無理に任せてもうまく進めることができません。
配分を間違えてしまうとせっかくの商談がつぶれてしまうときもあるので、十分注意しないといけないでしょう。
そこで導入を検討したいのがSFAです。
各営業社員ごとに今の仕事の状況とこなせる仕事の量が分かるようになっていて、それに合わせて仕事の配分を行います。
経験のある社員に仕事が多く配分されていても、余裕があるならそちらに回せます。
又商談ごとの難易度などを登録しておけば、難しい商談を経験のある社員に集中させ、難易度が低い商談を若手などに回して経験を積ませるなどもできます。
SFAは仕事の配分がうまくできるだけでなく、若手の教育にも役立てることが出来そうです。