営業内容を把握しやすくするためのSFA

SFAのSとはセールスの意味で、主に営業をサポートする役割を持ったツールのことを指しています。
ビジネスには数多くの人が関わっていて、全てを把握するのは非常に困難です。
そしてそれぞれが行なうべき業務内容も異なるため、管理する立場の人はよほどの能力が無い限りそれらを思いのままにコントロールできないのが実情です。
そこにSFAを導入すると、パソコンのシステム上で様々な情報を管理できるようになるので効率化が望めます。
実働する個人が持つ能力に合わせた仕事内容を振り分けたり、無駄な部分を見つけて省くきっかけになるというわけです。
SFAには複数の種類があり、それぞれ機能の幅もことなるので、必要な内容から選ばなければなりません。
SFAとよくセットにして使われる言葉にCRMというものがありますが、こちらはC・カスタマーの意味合いを持ち、顧客に関するサポートをします。
管理形態は似ていますが、こちらはどのような顧客がビジネスの発展に繋がるかを知るためのもので、対象とする分野が大きく異なります。