SFAというシステムだけではない

SFAといえば、ビジネスマンであれば大半の方は営業支援システムを連想されるはずです。
営業プロセスや案件の進捗などを可視化するだけに留まらず、それを管理・共有することができれば、営業効率・売り上げアップに成功する可能性も大いにある仕組みです。
しかし、総合衛生機器メーカーを連想する方もいるようです。
創立してから国際的に活動しているため、全世界での知名度もあります。
営業支援システムに通じるように、全世界で約60のビジネスパートナーがおり、管理・共有した活動も行われているようです。
このSFAが開発し、評価されているのが排水圧送ポンプです。
トイレというキーワード検索でもヒットするほど、高齢者世帯から必要性が指摘されている理由としては、トイレ設置の上で排水の制約問題があるようです。
例えば、介護では離れたトイレへの行き来だけでなく、ポータブルトイレを設置したものの、後始末も介護負担になっています。
かと言って、水洗化する場合には工事も必要です。
しかし、トイレの汚水に含まれる排泄物とトイレットペーパーなどを粉砕した後、排水主管まで圧送するこのポンプがあれば工事不要で、足腰の立たない介護生活、介助生活をラクに、快適さまでも与えるといいます。
部屋の中に、洗面台を追加することまでできるなど、これからの水回り設備の導入に進歩がありそうです。