SFAにより円滑に顧客情報を共有する

会社の組織では常に同じメンバーで仕事をすることは少なく、退職する人もいれば新しく入社してくる人もいます。
異動で他の部署に行くこともあれば他から新しい人が来るときもあります。
人が入れ替わったりするときに必要になるのが引継ぎ作業で、営業においては顧客の引継ぎをすることがあります。
商談途中の引継ぎなどは特に慎重に行われますが、既存顧客などだとあまり密に情報交換されないまま引継ぎが終わることもあります。
すると十分に情報が行きわたらない状態で引継ぎされてしまいます。
SFAには顧客管理の機能があり、異動などで引継ぎがあるときにスムーズに行えるようになります。
個々で顧客情報を持つのではなく、会社の統一システムとしてSFAを導入しそちらで管理する仕組みにしておきます。
商談中の顧客の情報はもちろんですが、商談をしていない既存顧客の情報も自然に新しい担当者に引き継げるようになっています。
今商談をしていなくても、次の商談機会が近づいてきたらシステムが教えてくれます。