SFAで上司が部下にピンポイントに指示

会社の営業部にはその部をまとめるマネージャー職がいて、さらにベテラン社員、中堅社員、若手や新人社員などがいます。
ベテラン社員以上になるとそれなりに仕事を任せられるものの、中堅ぐらいだと重要な商談でつまずくときがあるかもしれません。
若手や新人はまだまだ営業活動が分かっていないときもあり、自分で商談を進められないときもあります。
かといって上司が若手につききりになることはできず、若手が育てられないときもあるでしょう。
若手の営業社員を育てたいと考えるならSFAの導入を考えてみましょう。
SFAでは営業活動の登録ができ、それぞれの社員は日々の活動を登録します。
それを上司がチェックして逐一アドバイスをします。
ベテラン社員ならチェックをする程度ですが、若手に対しては行動一つ一つにアドバイスを送るなどをすればよいでしょう。
若手社員が複数いるようなときでも、SFAを通じてコミュニケーションを取れば次第に若手も成長することができてくるでしょう。

SFAとは
SFAの代表的な機能は?使いこなす秘訣を解説

最新投稿

  • SFAというシステムだけではない

    SFAといえば、ビジネスマンであれば大半の方は営業支援システムを連想されるはずです。
    営業プロ …

    続きを読む...

  • SFAにより円滑に顧客情報を共有する

    会社の組織では常に同じメンバーで仕事をすることは少なく、退職する人もいれば新しく入社してくる人もいま …

    続きを読む...

  • SFAにより担当者に合った仕事配分ができる

    経験のある営業担当者はいくつもの商談を抱えることができるでしょう。
    しかし経験が少なくなると一 …

    続きを読む...